節分の日の由来や本当の意味、節分の鬼を表す意味とは?

季節
広告
Pocket

本日は節分の日ですね~!

今回は節分の日の由来や本当の意味、節分の鬼を表す意味をご紹介します^^

節分の日の由来

節分とは文字の「節」をとり季節の分かれ目で昔は立夏、立秋、立冬、それぞれの前日の事を

「節分」と言っていたようですが、現在では立春の前日を節分と言っているようです。

2月4日頃が立春なので前日の2月3日が節分と言われているようですね。

節分の日に行われる豆まきには何の意味があるのか?

「鬼は外」「福は内」と豆まきを行事として行い、特に子供や高齢者には行っている印象があると思いますがそもそもどんな意味があるのでしょうか?

元々は季節の変わり目が節分の日でしたので

「季節の変わり目に起こしがちな病気や災害を鬼に見立て」それを追い払う儀式として豆まきを行ったようです。

鬼を外に(病気や災害)福を内に(健康でありますように)

子供や高齢者の人にこれからも、いつまでも健康であってほしいといった想いが込められているのですね!とても大事に感じられますね!

今日は節分の日。

家族と一緒に鬼払いをして2022年も健康な1年になりますように!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました