dcuのキャストを相関図で紹介!吉川晃司(成合兄)は黒幕か仲間か?

映画 ドラマ
広告
Pocket

今話題の日曜ドラマ「DCU」

第6話も終わり、水中事件を解決しながらも第1話から話題沸騰している吉川晃司演じる成合兄の存在がいよいよ明らかになってきそうですね。

そして第1話から敵対関係にあった新名隊長(阿部寛)と西野副隊長(高橋光臣)がタッグを組みバディーへ。これほど頼もしいことはありません。

ただ、勘が鋭い瀬尾(横浜流星)も二人の変化に気づき、瀬尾の心境も大分苦しい状況になっているのではないでしょうか?

第6話の最後には黒幕と注目があがっている成合兄と瀬尾が対面する。ここで接触し成合兄は何を企んでいるのか?

恋人役の黒江真子が黒幕だとも声が上がってきています。成合との関係性もあるので当然かもしれません。初期メンバーの中で隆子を除く全貌を把握しているキャラともいえるので個人的にもまさかの黒幕キャラとして信憑性もあると思っています。

 

↑このメンバーに裏切りのユダがいるのではないかと考察中。

 

DCUキャスト相関図

新名正義/阿部寛 DCU隊長

瀬能陽生/横浜流星 DCU隊員

成合隆子/中村アン 成合兄の妹 第3話殉職

清水健治/山崎育三郎 DCU隊員

神田瑠璃/趣里 DCU隊員

西野斗真/高橋光臣 DCU副隊長

森田七雄/岡崎体育 DCU隊員

大友裕也/有輝(土佐兄弟) DCU隊員

黒江真子/市川実日子 新名恋人

成合淳/吉川晃司 新名元バディ 第1話殉職→生きていた スパイ・黒幕疑惑

第6話までのあらすじ

ドラマの全体像としては海上保安庁として設立された「DCU」メンバーが水中事件や水難事故に特化した警察官や検察としてその手に手錠を持ったダイバーであり事件を解決していく物語です。

隆子(中村アン)の殉職の急展開へ。新名(阿部寛)は隊長から外され自宅待機が命じられた。その間は副隊長の西野(高橋光臣)が隊長代理を務めることに。他のメンバーは事件捜査を公安に任せて通常業務に戻るよう指示される。この指示に納得できない瀬能(横浜流星)のもとに公安の清水(山崎育三郎)がやってきた。隆子のパソコン内にあったプライベートデータをわざわざ持ってきてくれたのだ。そのデータに違和感を覚えた瀬能は、DCU機動班第一部隊のメンバーとして新たに加わった瑠璃(趣里)に解析を依頼する。解析の結果、今回の事件は2年前に起きたある溺死事故に起因している可能性が浮上する。

現在は新名が隊長復帰し西野は副隊長へ。新名と西野がバディとなり信頼関係が生まれてきています。

新名は西野に今まで明かさなかった事実を告白する。

成合が生きていたこと、そして死んだ瀬尾の父がテロリストとの繋がりがあった可能性があり成合とも何かしらの関係で繋がっていた可能性があるとのこと。

またこの事実が分かれば、瀬尾は解職されてしまうなど新名が必死で大切なものを守ろうとしているのが伝わってきます。瀬尾の存在は勿論、殉職した隆子の存在も、生きていた成合の存在も守ろうとしている、そんな気がします。

そして瀬尾は今まで敵対関係だった二人の変化に気付き始め、二人の間に何があったのかを探り始める様子も。瀬尾はまだ何も知りません。

そんな心境の瀬尾に生きていた成合が接近。新名がスパイであると成合から瀬尾に伝えられ、新名が瀬尾の父から奪ったとされる鍵の存在を探せと伝えられる。そこに謎のすべてがありそうだ。

瀬尾は真っすぐな存在だから、新名を疑いたくないから真実を知りたいとしているようにも見えます。これからが目離せません。

 

吉川(成合兄)は黒幕なのか?

新名(阿部寛)の元バディー成合兄(吉川晃司)が犯人、黒幕と予想されている。

死んだはずの成合が生きていたこと、元バディーである新名と敵対関係にある事。

様々な考察から見ても黒幕である大本命と言えます。

このまま黒幕でもドラマは盛り上がっていくだろうと思いますが、何故元相棒の新名を恨むのか?

妹の存在である隆子を死なせてしまったのか?

色々と謎が包まれているなと思えます。

私個人としては隆子を守ろうとしていた一人が成合兄の存在であり

成合も必死で大事な何かを守ろうとしているのではないかと考えています。

新名も成合も大事な何かを守ろうとするため、どこかで理解できることを望みたいです。

 

次週は3月6日に放映

次週いよいよ第7話でクライマックスに進んでいきそうです。

隆子の早すぎる死と話題になっていますが、隆子の事件を通して色々な絆が生まれてきているのだと感じられることが多くなりました。

黒幕本命である成合も露出が増えてきました。

DCUドラマは我々視聴者に何を伝えようとしているのかといった視点でも今後が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました