DCUのキャスト吉川晃司(成合兄)が生きていた!真の黒幕は誰か?

映画 ドラマ
広告
Pocket

今話題の日曜ドラマ「DCU」

第4話が終わり中村アン演じる成合隆子が殉職と急展開に誰もが驚いているのではないでしょうか?

成合隆子を殺人した犯人も出てきましたね。そして黒幕と思われる人物も。。

次週以降更に黒幕や犯人に迫るといった予想がされているのではないのかと思います!

 

 

新名(阿部寛)と瀬能(横浜流星)の隆子を思う気持ちが伝わる内容で

見ていて胸が熱くなります。

その裏腹に西野副隊長(高橋光臣)など怪しいと思える人物も色々と浮上してきました。

第5話も目が離せません。

DCUキャスト相関図

主演は「阿部寛」さん、その相棒役として「横浜流星」さんが抜擢!

人気女優の「中村アン」さん、大物俳優の「吉川晃司」さんと豪華キャストでの出演です。

先週までのあらすじ

ドラマの全体像としては海上保安庁として設立された「DCU」メンバーが水中事件や水難事故に特化した警察官や検察としてその手に手錠を持ったダイバーであり事件を解決していく物語です。

隆子(中村アン)の殉職の急展開へ。新名(阿部寛)は隊長から外され自宅待機が命じられた。その間は副隊長の西野(高橋光臣)が隊長代理を務めることに。他のメンバーは事件捜査を公安に任せて通常業務に戻るよう指示される。この指示に納得できない瀬能(横浜流星)のもとに公安の清水(山崎育三郎)がやってきた。隆子のパソコン内にあったプライベートデータをわざわざ持ってきてくれたのだ。そのデータに違和感を覚えた瀬能は、DCU機動班第一部隊のメンバーとして新たに加わった瑠璃(趣里)に解析を依頼する。解析の結果、今回の事件は2年前に起きたある溺死事故に起因している可能性が浮上する。

隆子殺人犯が見つかり終わりかと思えば、ここから何故隆子が狙われたのかを探るとその裏側にはとんでもない事実が急接近。

なんと成合兄が生きていた?やはり黒幕は成合兄なのか?

 

吉川(成合兄)は黒幕なのか?

新名(阿部寛)の元バディー成合兄(吉川晃司)が犯人、黒幕と予想されている。

序盤に謎の伏線が含まれている為だろう。

予想通り、成合兄は生きていた?

次週はさらに伏線も明らかになってくるであろう。

 

次週は2月20日に放映

次週いよいよ第5話で目が離せませんね!

先週の連休を利用して第1話から目を通した方も多いみたいなので

時間があるときに見てみてくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました